強迫性障害 克服

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害とは

強迫性障害は精神疾患の一つです。

 

 

20歳前後の青年期に発症する場合が多いですが、幼少期、壮年期に発症する場合もあります。

 

 

 

自分の意思に反して、不合理な考えが繰り返し浮かんでしまって、その不安から同じ行動を繰り返してしまう病気です。

 

 

 

強迫症状には強迫観念と強迫行為からなり、両方が存在しない場合は強迫性障害とは診断されません!

 

 

 

そもそも強迫観念や強迫行為ってどんなことかを簡単に紹介しておきます。

 

 

 

・強迫観念とは⇒本人の意思と無関係に頭に浮かび、不快感や不安感を生じさせる観念。抑えようとしても抑えられない。

 

 

 

誰しも少なからず見られますが、普通の人は大して気にすることなく、日常生活に支障はありませんが、

 

 

 

強迫性障害の患者の場合はこれを強く感じてしまい強い苦痛を感じてしまうのです。

 

 

 

・強迫行為⇒強迫観念による不安を振り払うための行為。

 

 

 

強迫症状の具体的な症状として、

 

・確認行為

 

・不潔強迫

 

・加害恐怖

 

・被害恐怖

 

・自殺恐怖

 

・疾病恐怖

 

・縁起恐怖

 

・恐怖強迫

 

 

などが症状として現れます。

 

 

 

強迫症状はストレスが原因で悪化することも多いようです。

 

 

 

強迫性障害は受験、進学、就職、結婚、妊娠、出産、育児、火事、交通事故などが発症するきっかけと言われていますが、

 

 

 

特別なきっかけがあるわけではなく、徐々に発症していくケースも少なくありません。

 

 

 

性格的には几帳面であったり、完璧主義者の人が強迫性障害になりやすい傾向にあると言われています。

 

 

 

なぜ強迫性障害が引き起こされるのかと言いますと、脳内の神経伝達物質であるセロトニン等の機能異常によって引き起こされると言われています。

 

 

 

強迫性障害の主な治療法として薬物療法と精神療法があります。

 

 

 

薬物療法では抗うつ薬を用いた治療が有効なようです。

 

 

 

本人もわかっているけど、治せないのがこの病気の特徴で一見普通の人と変わりないですが、本人にとってはとても辛い病気です。

 

 

 

強迫行為が自分自身の行為のみならず、家族や親しい友人に強要したりするケースもあります。

 

 

 

これは巻き込みや巻き込み型と呼ばれているのですが、患者本人のみならず周囲も強迫症状の対応に疲れきってしまうこともあるようです。

 

 

 

強迫性障害の方の強迫行為などを周りが間違った知識、間違った対応をしてしまうと逆効果になり、症状が悪化してしまう場合もあるそうです。

 

 

 

強迫性障害の方に対する対応や接し方を医師などに聞いて、把握した上で接するように周りも心掛ける必要があります。

強迫性障害の克服 行動療法とは

強迫性障害は適切な治療を早期に開始すれば症状が穏和することが多いようです。

 

 

 

治療もせずに放置しておくと、さらに症状が悪化してしまうのです。

 

 

 

強迫性障害の主な治療法として、「薬物療法」と「認知行動療法」が取り入れられます。
薬物療法を取り入れることで症状が穏和されることがありますが、効果を感じられない場合は薬物療法に加え認知行動療法を取り入れる必要があります。

 

 

 

認知行動療法のなかでも「曝露反応妨害法」が強迫性障害の方には効果的だと言われています。

 

 

 

曝露反応妨害法とはその名の通り「曝露法」と「反応妨害法」を同時に組み合わせた治療法です。

 

 

 

あえて強迫観念を引き起こす状況に直面させますが、強迫行為をさせないようにする治療法です。

 

 

 

あえて問題に直面させ、何もしなくても不安や恐怖、苦痛が自然に減るということを学んでもらうのです。

 

 

 

不安や恐怖を徐々に減らしていくのを目的としているのですが、

 

 

 

この治療法を何週間も繰り返し続けていくと、徐々に不安や恐怖、苦痛の感情に馴れていきそれらの感情が薄れていきます。

 

 

 

認知行動療法を取り入れたからといってすぐに改善されるわけではなく、患者さん自信の根気も必要ですが、

 

 

 

認知行動療法を取り入れ少しずつ自信をつけていくと必ず症状が穏和していきます。

 

 

 

あまり焦り過ぎずにあなたのペースで強迫性障害と向き合っていきましょう。


強迫性障害の克服

強迫性障害は症状が軽い場合は自力で克服できることもあるようですが、

 

 

 

症状が比較的軽い段階で専門の病院で適切な治療を行う必要があります。

 

 

 

自己流で治療を進めていくと症状が更に悪化してしまう可能性があるからです。

 

 

 

強迫性障害は一度発症すると症状が悪化しやすく、

 

 

 

強迫性障害がきっかけでうつ病、パニック障害などを併発しやすくなると言われています。

 

 

 

強迫性障害の方の苦しみを全て理解することはできませんが、周りで支える方の理解や支えも大きな力になります。

 

 

 

しかし本人を何とかしようと良かれと思ってやったことでも、症状を悪化させる原因に繋がることもあり逆に本人を苦しめてしまうこともあるのです。

 

 

 

強迫性障害の克服に関して、本人のみならず家族や周りで支える方も強迫性障害の正しい知識を学んでおかなければなりません。

 

 

 

一気に強迫性障害は克服できるのではありませんが、根気強く適切な治療を行っていれば必ず症状を気にせずに日常生活を送れる日がやってきます。

 

 

 

強迫性障害が完治することは極めて稀だという意見もあります。

 

 

 

もともと精神的な病気の場合完治という表現はあまり使われませんが、

 

 

 

もし完治しなくても日常に支障がない程度に生活が送れたら、それほど完治にこだわる必要はないのではないかと思います。

 

 

 

完治にこだわるあまり完璧を求めすぎて、それがストレスになり症状が悪化してしまうこともありますからね。

 

 

 

気になって気になってしょうがない日もあり、焦りや不安、苛立ちに押しつぶされそうになる時もあるかもしれません。

 

 

 

でもそんな時でも焦りすぎずにあなたのペースで病気と向き合っていけばいいのです。

強迫性障害の克服方法 運動療法とは?

強迫性障害の運動治療について考えてみましょう。

 

 

強迫性障害の治療として、運動をすることは非常に有効だといわれています。

 

 

無酸素運動と有酸素運動、どちらも良いとされています。運動をすることにより、精神的なストレスの発散や、凝り固まった筋肉がほぐされ、血流も良くなります。

 

 

ただし、運動不足である場合は、急に過度な運動をすると危険です。身体を動かす習慣をつけるためにも、1日30分程度でかまいませんので、ウォーキングやジョギングなど、無理のない範囲から始めていきましょう。

 

 

運動をしたあとは、きちんと整理運動をし、マッサージをして筋肉の疲れをほぐしましょう。最後まできちんとすることで、非常に充足感が得られると思います。

 

 

 

強迫性障害の治療として、運動をすることだけでもだいぶ改善したとおっしゃる方もいます。

 

 

 

強迫性障害の症状には波があります。治療を続けていく中で大切なことは、一日ごとの症状や不安の変動に一喜一憂しすぎないことです。

 

 

 

よくなったり悪くなったりをくり返しながら、ゆるやかに良い方向に向かっていくものです。生活や環境の変化も症状には影響します。

 

 

 

無理をせずに、自分のペースで改善を目指しましょう。

強迫性障害の克服方法 薬物療法の場合

強迫性障害は適切な治療(薬物療法、認知行動療法)を行えば、改善が期待できる病気で薬物治療に使われる薬は大きく2種類に分けられます。

 

 

(1)三環系抗うつ薬のクロミプラミン・選択的セロトニン再取り込み阻害
薬(通称 SSRI)・・アナフラニール・ルボックス・デプロメール・パキシ
ル・ジェイゾロフト。

 

(2)抗不安剤・抗精神病薬・・ブロマゼパム・レキソタン。
のニ種類です。

 

 

一般的に強迫性障害の治療では完治(病気が完全に治ること)を目指すのではなく、「寛解(かんかい)」という症状が全てなくなったわけではないが支障が少なく日常生活が送れる状態を目指します。

 

 

症状が改善しても薬物治療を続け、自分の症状への対処法を身につけていくことで強迫性障害という病気とうまく付き合っていけるようになります。

 

 

薬物療法では主に(1)を使い、40〜60%の患者さんに効果が見られますが個人差もあり症状の改善率は5割前後と言われています。

 

 

効果の得られない方には(2)を少量加えることで改善することもあります。

 

 

しかし、症状が軽減し薬を減らした後に再発をしてしまうこともよくあり、いつまで薬物治療を続ければいいのか不安に思う人も多くいらっしゃいます。

 

 

(1)は強迫観念が軽減し心配そのものを減らす働きがあり(2)は強迫観念そのものを減らすのではなく、人が感じるさまざまな不安を緩和する働きがあります。

 

 

薬物治療中、症状が改善されれば服用をやめることができますが自己判断で中止した場合、めまいや頭痛・不眠といった断薬症状が出ることもあるため医師
の指示に従ってください。薬が0になるまでの期間は半年以内を目安に月一回の外来診療で様子を見ながら段階的に減らしていきます。

 

 

薬物治療だけでの治療は、かなりの改善効果(強迫観念が減り不安が下がること)は期待できますが、完治することはまれで難しいのが現状です。

 

 

薬物療法で強迫症状が改善された状態で行動療法か認知行動療法を行い治癒をめざす治療法が望ましいです。

強迫性障害の克服 食べ物で改善する?

強迫性障害という病気をご存知ですか。

 

 

 

強迫性障害は、近年メディアや雑誌などで特集させることも多くなり、徐々に認知、理解される病気になってきました。

 

 

 

強迫性障害とは、自分の意志に反して不合理な考えが頭に浮かんでしまう「強迫観念」という症状と、その不安を振り払うために無意味な行為を何度も繰り返す「強迫行為」という症状を併せ持っている病気です。

 

 

 

例えば、『外出する際にガスの元栓を閉めたか?』ということが頭から離れずに何度も確認したり、一旦外出したのに再びガスの元栓を確認しに戻ってしまうなど日常生活に支障をきたしてしまうこともある病気です。

 

 

 

強迫観念から考えずにはいられないという状態になり、また強迫行為からしないではいられないという状態に陥ってしまい、ちょっと外出するだけなのに時間がかかってしまったりしますし、強迫性障害を克服するには薬物療法や認知行動療法などの治療が必要となってきます。

 

 

 

そして、強迫性障害を克服するうえで食べ物に気をつかうということも非常に大切なことです。

 

 

 

 

強迫性障害の原因として、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足していると考えられています。

 

 

 

 

このセロトニンという物質は精神安定と大きな関わりがあり、セロトニンが不足した状態に陥ってしまうと、やる気が出なかったり、イライラしやすいなどの症状を招いてしまうなど精神的な面で大きな支障が出てしまうのです。

 

 

 

 

そのため、強迫性障害を克服するには、セロトニンが豊富に含まれている食べ物を積極的に摂取するようにしセロトニンの生産を促しましょう。

 

 

 

 

セロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンやビタミンB6が原料となっています。

 

 

 

 

トリプトファンを多く含む食べ物としては、ゴマやかつお、すじこ、牛レバー、豚ロース、プロセスチーズ、くるみ、アーモンドなどに含まれています。

 

 

 

 

ビタミンB6を多く含む食べ物としては、まぐろ、にんにく、かつお、鶏ひき肉、ごまなどに豊富に含まれています。

 

 

 

 

ただし、あくまでバランスのとれた食事が基本ですし、強迫性障害に良いとされている食べ物だけを過剰摂取するのでは意味がありません。

 

 

 

 

食べ物から摂取することが難しい場合は効率良く、気軽に試せるサプリメントという選択もあります。

強迫性障害の症状は?

強迫性障害の症状は強迫観念と強迫行為からなります。

 

 

 

両方が存在しない場合は強迫性障害と診断されません!

 

 

 

強迫性障害の主な症状をあげます。

 

 

 

・確認行為⇒外出する際に、ガスの元栓やスイッチ、鍵を閉めたか異常に気になり、戻っては何度も確認する。
度を越して気にしてしまうあまり、何時間も外出できないケースも少なくないようです。

 

 

・不潔強迫⇒手の汚れが気になるあまり、手を何度も洗わないと気がすまない。
潔癖症とも言われている。手の洗いすぎから手湿疹を発症する場合もあるようです。

 

 

・加害恐怖⇒自分の不注意によって他人に危害を加える事を異常なまでに恐れてしまう。車を運転している際に、人を轢いてしまったのではないかと不安になり確認しに戻る。

 

 

 

以前テレビで強迫性障害の特集をされてましたが、車で片道30分ほどでいける場所でも、

 

 

 

人を轢いてないか何回も確認で戻るため2〜3時間以上かけて通勤されている方もおられるようです。

 

 

 

・被害恐怖⇒自分自身に危害を加えること、または自分に危害が及ぶことを異常に恐れる。

 

 

 

・自殺恐怖⇒自分が自殺してしまうのではないかと異常に恐れる。

 

 

 

・疾病恐怖⇒自分が重大な病にかかってしまうのではないか、かかってしまったのではないかと異常に恐れる。

 

 

 

・縁起恐怖⇒宗教的、社会的に不道徳な行いをしてしまう、もしくはしてしまったのではないか、不信心な事を考えてしまうのではないかなどと異常に恐れる。

 

 

 

 

強迫性障害は本人にとっては大変つらい病気だと聞きます。

 

 

 

強迫性障害の方の苦しみなどを全て理解することは出来ませんが、周りの方のサポートもとても大切だと思います。

強迫性障害のチェック方法

「ガスの元栓をしっかりとしめたのか?」「あれ?急いで出掛けたものの戸締りは大丈夫だろうか?」と不安に思い、確認するという経験は誰しもあることだと思います。

 

 

 

しかし、もともと極度の心配性で何度も確認しないと気がすまなかったり、不安になってしまう場合これは心配性という性格だけではなく、何か病的な感じに支配されているように感じてしまうこともあります。

 

 

 

そこで、今回は強迫性障害の疑いがあるかどうか検査できるようにチェック項目にまとめてみましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

【強迫観念に関するチェック項目】

 

 

 

強迫観念では、以下にあげるような考えが何度も頭に浮かび頭から離れません。

 

 

・外出時に窓の戸締りや、ガスの元栓をしっかりと閉めたのか?などが気になって仕方がない。

 

・自分自身や周囲が不潔だと感じてしまう。

 

・4などの不吉な数字が苦手だったり、不吉な想像が浮かんできて、実際に不幸になってしまうのではないかと恐れる。

 

・重大な病気になってしまうのではないかと恐れる。

 

・車の運転中などに他人に危害を与えてしまうのではないかと恐れたり、
買い物中に万引きしていないのに、万引きしたと思われるのではないかと心配になる。

 

・物事に関する手順などはこだわりが強く、完璧でなければ気がすまない。

 

 

 

 

【強迫行為に関するチェック項目】

 

 

強迫行為では強迫観念から何度も同じ行為を繰り返します。

 

自分自身の行為が明らかに異常だと感じていても、強迫行為をやめることができません。
・手の洗い方や入浴の仕方に自分なりのルールや、洗い方の順番がある。
儀式のようになっており、1時間以上手や体を洗い続けないと気が済まない。

 

・外出時に戸締りなどが気になってしまい、何度も確認する。

 

・なかなかモノが捨てられずに、家中モノであふれている。

 

・何度も同じところを綺麗に拭く。

 

 

強迫観念によって何度も強迫行為を繰り返しますが、この行為が自分自身でもおかしいと感じているもののやめられない場合、強迫性障害の疑いがあります。

 

 

 

強迫性障害では強迫行為を繰り返すため、ドアの戸締りをしたのか?が気になってしまったり、車の運転中に歩行者をひいてしまったのではないか?ということが頭に浮かび誰もひいていないかということを何度も確認したり、確認に戻るため外出する度に時間がかかり遅刻してしまうなど日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

 

 

通常なら、車で片道30分ほどの勤務先だけれど、歩行者に危害を与えてしまったのではないか?ということが頭から離れずに、何度も来た道を戻り確認するという行為がやめられずに車で3時間かかり出勤されている方もおられます。

強迫性障害は治らない!?

「強迫性障害を治したいと思って治療を続けているけれど、なかなか治らない…。」というケースは少なくありません。

 

 

 

強迫性障害のような精神疾患は克服するまでに個人差はあるものの、ある程度の治療期間が必要になってきます。

 

 

 

そして、「強迫性障害が治らない…。」と言われている方の中には適切な治療をされていない方もおられます。

 

 

 

まず、強迫性障害は自然治癒で治すことはできません。

 

 

 

強迫性障害は強迫観念という症状があり、その不安を振り払うために無意味な行為を何度も繰り返す強迫行為という症状がありますが、何も治療をしないで放置していると強迫行為の回数がどんどん増えたり、時間をかけてもなかなか気が済まずに、治らないどころか症状が悪化し治りにくくなってしまいます。

 

 

 

強迫性障害は自然治癒では治らない病気ですが、専門機関を受診されて適切な治療を受ければ治らない病気ではありません。

 

 

 

 

では、強迫性障害ではどのような治療が必要なのでしょうか。

 

 

 

 

強迫性障害の基本的な治療としては、薬物療法と認知行動療法を同時進行で取り入れながら治療を進めていきます。

 

 

 

 

強迫性障害を薬物療法だけで治そうとする病院も多いですが、薬物療法だけでは一時的に症状が治まっても根本的な治療とはならず、なかなか改善されないケースが多いため、認知行動療法も取り入れた治療が必要になってきます。

 

 

 

 

ただし、この認知行動療法が受けられる病院は限られてしまいますので、事前に受けられる病院を調べておくか、本などでやり方を調べ実践しなければなりません。

 

 

 

そして、強迫性障害という病気と向き合っておられる方々は自分なりに強迫性障害を招いた原因というものを把握されている方が多いように感じます。

 

 

 

 

ある方は小さい頃から几帳面で過保護な親から、必ず出かける前は「忘れ物がないか?」ということを確認されていたり、失敗が許されない環境で育ったことが原因だと分析されていますし、ある方は完璧主義者だったため、完璧を求めるあまりストレスを多く抱え込んでしまったことが原因だったのでは?と振り返っておられました。

 

 

 

 

この自分自身と向き合うことは非常に大切なことで、自分自身の考え方や物事の捉え方を改めてみつめ直すことで「そんなに完璧を求めなくても大丈夫!」「失敗してもまぁ、いっか」とプラス思考で考えられるようになってきます。

 

 

 

 

長年、強迫性障害という病気と付き合っておられる方は少なくないですし、治療期間が長くもう治らないんじゃないか…と弱気になってしまう時もあるかもしれませんが、強迫性障害は必ず治る病気だということを忘れないで下さい。

 

 

 

下記の「本田式・強迫性障害改善プログラム」では、強迫性障害が改善されますので、治らないと言い切ってしまわないで、

 

 

一度試してみて損はないですよ。治らない場合返金保証がついているのも、実績がある証拠ですね^^

強迫性障害の克服 薬物療法と薬を使わない治療法

強迫性障害の治療は基本「認知行動療法」と「薬物療法」になります。

 

 

 

薬物療法を取り入れないと強迫性障害は治らないと言われていますがそれはなぜでしょう?

 

 

 

強迫性障害を発症してしまう方の脳内はセロトニンという物質が不足した状態で、セロトニンなどの量をコントロールする必要があるのです。

 

 

 

そのためお薬でセロトニンを補わなければ治らないと考えられているのです。

 

 

 

実際にセロトニン系に強く作用する薬が大変効果が高いということが明らかになっていますし、

 

 

 

セロトニン系に作用しない薬は効果がないと言われています。

 

 

 

主にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)を取り入れ治療されることが多いです。
SSRIはうつ病の治療にも大変効果があると言われていますが、強迫性障害の治療薬としても効果的な薬です。

 

 

 

SSRIは副作用が比較的少ないと言われています。

 

 

 

薬物療法を取り入れても、症状が治まらない場合はカウンセリングや認知行動療法を同時に取り入れて治療を進めていく必要があります。

 

 

 

また薬を飲んでいても効果がない場合は、主治医に相談して薬の変更や治療方法を変更する必要があります。

 

 

 

自分に合う薬が見つかれば必ず症状は穏和されていくと言われています。

 

 

 

また、薬の副作用が嫌など、薬物療法、認知行動療法、カウンセリング以外に強迫性障害を治療する方法があります。

 

 

それが下記の【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラムです。

 

 

 

1日20分程度ですし、もし万が一症状が改善されなかった場合は返金制度もあります。

 

 

 

薬を使わない治療法なので副作用の心配は入りませんし、薬の服用が困難な場合は治療の参考になさって下さい。

 

 

 

強迫性障害を克服し、また普通の日常に戻してくださいね(・∀・)b

 

【RMM】強迫性障害改善プログラムはココをクリック