強迫性障害 不潔恐怖症

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の不潔恐怖症について

『何回手を洗っても手が汚れているように感じてしまい、その手洗いに時間がかかってしまい待ち合わせ時間に遅刻することが度々ある…。』

 

 

 

『お店で買ってきたものは、除菌したり綺麗に洗ってからでないと冷蔵庫に入れることができない…。』など、これらの症状でお悩みの場合、強迫性障害の不潔恐怖症の疑
いがあります。

 

 

 

強迫性障害では、何回手を石鹸で洗ったり消毒しても、まだ手が汚れているのではないかという強迫観念が頭から離れなくなってしまい、その不安を打ち消すために何度も手洗いを繰り返すといった強迫行為がみられます。

 

 

 

患者さん自身は、無意味な行為だと理解することはできるのですが、強迫観念が頭から離れずに、辛くて止めようと思っても強迫行為がやめられないのです。

 

 

 

不潔恐怖症では、買い物カゴやカート、特定の人が触ったもの、排泄物やよだれ、くしゃみなど、患者さん自身がダメだと感じるものは様々ですが、患者さん自身が受け付けないものに遭遇した時に汚染されたように恐怖を感じてしまうのです。

 

 

 

 

この強迫行為を繰り返すことで、症状はどんどんエスカレートしやすく、
仕事に支障をきたしてしまったり、家事に支障をきたしてしまうなど生活に影響を及ぼすケースも珍しいものではありません。

 

 

 

 

そんな精神状態で無理に生活を続けていくと、鬱状態に陥ってしまうこともあるのです。
強迫性障害の治療では薬物療法も有効だとされていますが、暴露反応妨害法という行動療法も効果的だとされています。

 

 

 

 

 

不潔恐怖症の方には、あえて患者さん自身が汚いと思う物を触り、手を洗わなくてもその不安が解消されていくことを待つという治療法なのですが、有効性が実証されている治療法でもあります。

 

 

 

 

患者さん自身はとても辛く感じる治療法ですが、わざとそのような状況に追い込んで、強迫行為を繰り返し行わなくても、自然と不安が解消されることを確認することで、症状を克服することができるのです。

 

 

 

 

ただし、自己流で暴露反応妨害法を行うと症状が悪化してしまうこともありますので、
専門医の指導のもと治療を進めていく必要があります。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る