強迫性障害 原因

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の原因は?

窓の鍵やガスの元栓を閉めたのか気になり、何度も確認しに戻る。

 

 

 

手の汚れが気になり何度も洗わないと気がすまない。

 

 

 

車の運転中などで人を轢いたのではないかと気になり、何度も来た道を戻っては轢いてないか確認する。

 

 

 

自分が自殺してしまうのではないかと異常なまでに恐れる。

 

 

 

などなど、、、

 

 

 

異常なまでに気になってしまい、不安を振り払うための行為が止まらなくなるという症状は、「強迫性障害」という精神疾患の疑いがあります。

 

 

 

誰しも多かれ少なかれ「あ、鍵閉めたかな?」と気にすることはありますが、強迫性障害の場合は異常なまでに気になってしまい、

 

 

 

その不安を取り除く為に何度も確認したりする行為を繰り返し、日常生活に支障をきたすのです。

 

 

 

強迫性障害はストレスで悪化してしまったり、放っておくと症状が悪化してしまう病気なのですが、なぜ強迫性障害が引き起こされるのでしょうか?

 

 

 

強迫性障害の原因については、はっきりとは特定はされてはいないものの、

 

 

 

脳内の神経伝達物質であるセロトニン等の機能異常によって引き起こされるという説もあります。

 

 

 

実際に強迫性障害の治療には薬物療法が有効で、一般的に抗うつ薬が処方されること多いですが、

 

 

 

その中でもセロトニン系に強く作用する薬が大変効果が高いということが明らかになっています。

 

 

 

逆にセロトニン系に作用しない薬は効果がないと言われているのです。

 

 

 

ちなみに薬物療法以外にセロトニンを増やす方法として、

 

 

・朝起きたら太陽の光を浴びる

 

 

・一定のリズムを刻む適度な運動(ジョギングやウォーキングなど)を取り入れる

 

 

・よく噛んでご飯を食べる

 

 

・セロトニンを多く含む食品を積極的に摂り入れる

 

 

・規則正しい生活&充分な睡眠

 

 

などがあげられます。

 

 

また遺伝的な要因、成長していく過程で加わった環境要因も発症の原因として考えられています。

 

 

 

原因ははっきりとは解明されていないものの、発症のきっかけは様々あげられます。

 

 

 

受験、進学、就職、結婚、妊娠、出産、育児、などが喜ばしい出来事も発症するきっかけになることも多いようです。

 

 

 

そして事件や交通事故などトラウマとなる出来事が原因となり引き起こされることもあるようです。

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

強迫性障害の原因記事一覧

強迫性障害の原因は親?

強迫性障害は親が原因で発症することもあると言われています。強迫性障害の原因には色々な説があり、はっきりとは特定されていませんが、家庭環境も原因の一つとして考えられています。厳しすぎる躾によって、子供が自信が持てなくなり、何度も同じ確認作業を行ったり、確認恐怖に陥ることもあると言われていますし、必要以...

≫続きを読む

強迫性障害の原因 遺伝について

両親のどちらかが強迫性障害を患っていると、将来子供に遺伝するのではないかと不安を抱えていらっしゃる方も多いようですが、ホントに強迫性障害は遺伝するのでしょうか?強迫性障害の遺伝に関しての研究報告は様々で、遺伝するという説もあれば、強迫性障害はセロトニンなどの脳内の神経伝達物質の分泌異常によって起こる...

≫続きを読む

強迫性障害の原因 ストレスとの関係性

強迫性障害は自分の意に反して、不安や不快な考えが頭に浮かび、それを抑えようとしても抑えられない“強迫観念”と、その不安や不快な考えを打ち消そうとして無意味な行為を何回も繰り返す“強迫行為”からなります。強迫性障害を患っている人は、自分でもそのような考えや行為は異常だという自覚はあるのですが、やめよう...

≫続きを読む

強迫性障害の原因 トラウマについて

犯罪や事故、災害など、予想もしない出来事に出合い、心に大きなキズを負うと、その出来事がトラウマとなり精神疾患を発症することもあります。強迫性障害の原因については、はっきりとは特定はされていませんが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって起こるのではないかと考えられていますし、遺伝的...

≫続きを読む

強迫性障害の原因はセロトニン?

強迫性障害の原因はこれまで心理・社会的な要因で起こる病気として考えられていましたが、最近では脳の機能障害が原因として考えられるようになってきました。脳内の機能異常が指摘され始め、その機能異常として脳内神経伝達物質の1つである“セロトニン”が影響しているのではないかと考えられています。脳内で情報をコン...

≫続きを読む