強迫性障害 原因 遺伝

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の原因、強迫性障害は遺伝する?

両親のどちらかが強迫性障害を患っていると、将来子供に遺伝するのではないかと不安を抱えていらっしゃる方も多いようですが、ホントに強迫性障害は遺伝するのでしょうか?

 

 

強迫性障害の遺伝に関しての研究報告は様々で、遺伝するという説もあれば、強迫性障害はセロトニンなどの脳内の神経伝達物質の分泌異常によって起こる病気で、遺伝する病気ではないという説もあります。

 

 

 

強迫性障害の遺伝に関しては明確な結論は出ていませんが、

 

 

 

両親のどちらかが強迫性障害だからといって、必ずしも子供が強迫性障害を発症するとは限りません。

 

 

 

実際に親が強迫性障害だけれど、子供は強迫性障害を発症していないというケースもありますし、

 

 

 

逆に両親のどちらも強迫性障害ではないけれど、子供が強迫性障害を患っているというケースはありますので、必ずしも遺伝の問題だけではなさそうです。

 

 

 

遺伝について過度に心配しすぎる必要はないと思います。

 

 

 

しかし、子どもが強迫性障害の親の生活に影響されて、同じ病気にかかりやすいということはあるかもしれませんね。

 

 

 

肉親ですから体質が似ていたり、性格や思考や行動パターンが似ているために強迫性障害にかかりやすいということはあるかもしれません。

 

 

 

ちなみに強迫性障害になる人の特徴としてよく言われるのが、

 

 

 

内向的、自己反省が強い、自己批判が強い、用心深い、完璧主義者、劣等感が大きい、些細なことを気にしてしまう、不安感が強いなどの性格の持ち主に多いと言われています。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

強迫性障害の原因 遺伝について関連ページ

強迫性障害の原因は親?
強迫性障害の原因は親にあるのかについて説明しています。
強迫性障害の原因 ストレスとの関係性
強迫性障害の原因はストレスなのか?
強迫性障害の原因 トラウマについて
強迫性障害の原因、トラウマについて解説しています。
強迫性障害の原因はセロトニン?
強迫性障害の原因とセロトニンの関係性について紹介しています。