強迫性障害 原因 セロトニン

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の原因はセロトニン不足?!

強迫性障害の原因はこれまで心理・社会的な要因で起こる病気として考えられていましたが、最近では脳の機能障害が原因として考えられるようになってきました。

 

 

脳内の機能異常が指摘され始め、その機能異常として脳内神経伝達物質の1つである“セロトニン”が影響しているのではないかと考えられています。

 

 

 

脳内で情報をコントロールするといった重要な役割を果たしているのがセロトニンですが、

 

 

 

脳内で異常が起き、セロトニンが上手く機能しないと強迫性障害の様々な症状が現れると言われています。

 

 

 

強迫性障害の場合、神経細胞から放出されるセロトニンの働きに何らかの問題が生じてしまい、十分な情報の伝達が行われないことによって機能異常が生じると考えられています。

 

 

 

ですから強迫性障害の治療では、脳内のセロトニンという神経伝達物質に働きかける薬を使い治療を進めていく必要があるというわけです。

 

 

 

強迫性障害の薬物療法では抗うつ薬が使用されますが、セロトニン系に強く作用する薬の効果が高いことから、

 

 

 

強迫性障害に対して有効な治療薬として主にSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)が使用されます。

 

 

 

強迫性障害に伴う強い不安や恐怖の原因であるセロトニンの不足を改善する働きがあります。

 

 

 

うつ病に効果があってもセロトニン系に作用しない薬は強迫性障害にはあまり効果を発揮しないと言われています。

 

 

 

強迫性障害以外に、うつ病や不眠症、パニック障害、自律神経失調症も、脳内のセロトニンの分泌量が低下することで引き起こされやすくなると言われています。

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

強迫性障害の原因はセロトニン?関連ページ

強迫性障害の原因は親?
強迫性障害の原因は親にあるのかについて説明しています。
強迫性障害の原因 遺伝について
強迫性障害の原因、遺伝について説明しています。
強迫性障害の原因 ストレスとの関係性
強迫性障害の原因はストレスなのか?
強迫性障害の原因 トラウマについて
強迫性障害の原因、トラウマについて解説しています。