強迫性障害 原因 ストレス

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の原因は過度なストレス!

強迫性障害は自分の意に反して、不安や不快な考えが頭に浮かび、それを抑えようとしても抑えられない“強迫観念”と、その不安や不快な考えを打ち消そうとして無意味な行為を何回も繰り返す“強迫行為”からなります。

 

 

 

強迫性障害を患っている人は、自分でもそのような考えや行為は異常だという自覚はあるのですが、やめようとすると強烈な不安感に襲われやめたくてもやめれないのです。

 

 

 

身近な人はなぜそのような行為を繰り返すのか?と不思議に思いがちで理解もされにくい病気ですが、強迫性障害は気になること自体が病気なのです。

 

 

 

ではなぜ強迫性障害が引き起こされるのか?

 

 

 

これまでは心理的・環境的原因によって起こると考えられていましたが、最近では脳内の特定部位の障害やセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の機能異常によって起こるのではないかと考えられるようになってきました。

 

 

 

更に強迫性障害は強いストレスがきっかけとなり発症するケースもあると考えられています。

 

 

 

仕事や人間関係が上手くいかずにストレスを感じた時や、大きく生活環境が変わる時も注意が必要です。

 

 

 

進学、就職、引越し、結婚、出産、育児など大きく生活環境が変わると、発症したり悪化の原因に繋がると考えられています。

 

 

 

特に女性は結婚によって大きく環境が変化し、慣れない土地での生活にストレスを感じ発症することもありますし、

 

 

 

出産、育児などの喜ばしい出来事をきっかけに発症するというケースもあります。

 

 

 

またもともと強迫性障害だった人は症状が悪化してしまうということもあります。

 

 

 

過度なストレスは強迫症状の悪化に繋がりますが、強迫性障害はうつ病を伴いやすいので早期治療が必要になってきます。

 

 

 

ちなみに強迫性障害はもともと几帳面な人や完璧主義の人に多くみられる病気だと言われています。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

強迫性障害の原因 ストレスとの関係性関連ページ

強迫性障害の原因は親?
強迫性障害の原因は親にあるのかについて説明しています。
強迫性障害の原因 遺伝について
強迫性障害の原因、遺伝について説明しています。
強迫性障害の原因 トラウマについて
強迫性障害の原因、トラウマについて解説しています。
強迫性障害の原因はセロトニン?
強迫性障害の原因とセロトニンの関係性について紹介しています。