強迫性障害 原因 トラウマ

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の原因、トラウマがきっかけで発症することも!

犯罪や事故、災害など、予想もしない出来事に出合い、心に大きなキズを負うと、その出来事がトラウマとなり精神疾患を発症することもあります。

 

 

 

強迫性障害の原因については、はっきりとは特定はされていませんが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって起こるのではないかと考えられていますし、

 

 

遺伝的な要因、成長していく過程の環境要因も発症の原因ではないかと考えられています。

 

 

 

そして強迫性障害の発症のきっかけは様々で、受験、進学、就職、結婚、妊娠、出産、育児などの大きな環境の変化がきっかけとなり発症することもあります。

 

 

 

また強迫性障害の発症のきっかけとして、トラウマとなるような出来事の後に発症することもあります。

 

 

 

事件や交通事故、災害などの経験がトラウマとなり強迫性障害を発症することもあります。

 

 

 

強迫性障害の克服方法はこちらから

 

 

 

強迫性障害の治療としては薬物療法が基本で、抗うつ薬を使用して治療を進めていきますが、

 

 

 

その中でもセロトニン系に強く作用する薬が強迫性障害には有効だと言われています。

 

 

 

薬物療法で症状が改善し落ち着いていったら、認知療法を加え治療を行っていくこともあります。

 

 

 

しかし強迫性障害の発症においてトラウマが原因になっている場合は、薬物療法と並行してカウンセリングなどを取り入れて治療を進めていかなければなりません。

 

 

 

強迫性障害の治療には時間がかかりますが、焦らずに根気よく治療を続けていくことが大切です。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

強迫性障害の原因 トラウマについて関連ページ

強迫性障害の原因は親?
強迫性障害の原因は親にあるのかについて説明しています。
強迫性障害の原因 遺伝について
強迫性障害の原因、遺伝について説明しています。
強迫性障害の原因 ストレスとの関係性
強迫性障害の原因はストレスなのか?
強迫性障害の原因はセロトニン?
強迫性障害の原因とセロトニンの関係性について紹介しています。