強迫性障害 遺伝

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害は遺伝する?

強迫性障害は決して珍しい疾患ではありませんが、発症する明確な原因はまだ特定されていません。

 

 

 

しかし、強迫性障害を引き起こす原因として、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌異常や、学校や職場、家庭内でストレスになるような事があった後に発症するとの報告もあります。

 

 

 

自分自身が強迫性障害を患っており、子供がいる場合は「この子も強迫性障害になるのでは?」と大変不安に感じると思いますが、実は強迫性障害は遺伝するといった説もあり、自分の両親や兄弟などの家族の中に強迫性障害の人がいる場合に発症しやすいと言われています。

 

 

 

 

自分の両親や兄弟などに強迫性障害を患っている人がいる場合、そうでない場合と比較すると強迫性障害を発症する確率は倍近くあがるとの情報もありました。

 

 

 

そして、未成年の子供が強迫性障害を発症した場合、遺伝の影響が大きいといった情報もありました。

 

 

 

 

ただし、家族に強迫性障害の人がいるからといっても発症する倍率が高くなるだけで、必ずしも全ての人に強迫性障害が遺伝するというわけではありません。

 

 

 

 

病気自体が遺伝しなくても、親から受け継いだ体質が遺伝し強迫性障害を発症することも考えられます。

 

 

 

 

また、強迫性障害を発症しやすい性格というものもあり、強迫性障害を発症する人にはある一定の傾向があるようです。

 

 

 

 

それは、何事も完璧でなければ気が済まずに、完璧を求めて行動する完璧主義者であったり、あいまいなことには耐えられず必ず白か黒かはっきりさせなければ気が済まない性格であったり、必要以上に自分の責任を感じてしまう性格、小さな心配事を大きく受け止めてしまう性格など、多少性格も影響しているようです。

 

 

 

 

子供はとても親の行動や感情を観察していますし、親の価値観などを見て育ちますが、

 

 

 

 

例えば、親が何事にも完璧にこだわる完璧主義者のもとで教育を受け育った子供は、子供も完璧でなければ気が済まなくなり、その性格から強迫性障害を招く可能性は否定できませんが、全てが全て遺伝や発症しやすい性格が影響しているとは限りません。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る