強迫性障害 完治

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害 完治

精神疾患の場合、「完治することは難しい…。」と言われることも多々ありますが、強迫性障害は適切な治療を受けていると完治する病気なのでしょうか。

 

 

 

比較的に症状が軽い場合は薬物療法によって完全に完治される方もおられるようですが、症状が重い場合や、専門機関を受診せずに自己流で治そうとしている場合は完治が難しいと言われています。

 

 

 

実際に強迫性障害と15年以上、20年以上と長い間向き合っておられる方は少なくありませんので、治療の開始前より症状は治まったがなかなか完治しない場合もあります。

 

 

 

そして、強迫性障害の治療には薬物療法と認知行動療法がありますが、
薬に頼った治療だけでは完治は難しいため、認知行動療法を取り入れた治療を進めていく必要があります。

 

 

 

認知行動療法を取り入れると必ず完治するというわけではありませんし、症状には個人差があるように効果も個人差によるものが大きいと思います。

 

 

 

 

しかし、完治にこだわらなくてもある程度症状が改善されることで、日常生活に支障が無いレベルまでに回復する場合もあります。

 

 

 

強迫性障害は何事にも完璧を求めてしまう完璧主義という性格によって招きやすい病気だとも言われています。

 

 

 

 

しかし、強迫性障害をはじめ、その他の精神疾患でも言えることですが治療を続けていても症状には波があり、良くなったと思ったら症状が悪化することもあります。

 

 

 

完治するのかは症状の程度によっても異なってきますので一概には言い切れませんが、治療を続けていくうえで完璧を求めすぎない、完治にこだわらないことが大切なポイントです。

 

 

 

完璧を求めるあまり、治療が上手くいかずにそのことがストレスになってしまうことで症状が悪化してしまうこともありますので、焦らずに治療を続けていくことが大切です。

 

 

強迫性障害を完治へ導く最短の方法はこちらで紹介されています⇒>>【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム