強迫性障害 薬

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の薬について

このページでは、強迫性障害の薬の効果や副作用、種類、薬なしで克服する方法を、

 

 

 

紹介しています。

 

 

 

薬物療法はたしかに効果的なのですが、その薬の副作用や離脱症状、依存などで悩まされる方も少なくありません。

 

 

 

また、薬を服用しても全く効果がない方もおられるのです。

 

 

 

薬の効果など詳しく下記の分けて説明していますので、

 

 

 

あなたに少しでも役立てたらと思います。強迫性障害の薬をしっかりと理解した上で、

 

 

 

服用または薬をやめてくださいね。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

強迫性障害の薬について記事一覧

薬の効果

ドアの鍵を閉めたか気になり確認しに戻るという行為は誰しも経験したことがあるかと思いますが、強迫性障害の場合はその確認行為がどんどんエスカレートしてしまうことで日常生活に支障をきたすようになります。強迫性障害は自分の意思に反して、不合理な考えやイメージが頭に繰り返し浮かび、それを振り払う為に同じ行動を...

≫続きを読む

薬の種類

強迫性障害の原因には様々な説がありますが、主な原因として脳の機能障害が影響していると考えられており、薬で脳内のセロトニン系の異常をコントロールすることで症状を抑えることができると考えられています。強迫性障害の治療薬はどのようなものを使用するのでしょうか?強迫性障害の治療としてまず薬物療法で強迫観念を...

≫続きを読む

副作用について

強迫性障害の治療には薬物療法が必要になってきます。強迫性障害の薬物療法としてセロトニン系に作用する抗うつ薬は強迫観念を抑えることが知られており、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) である塩酸パロキセチン、マレイン酸フルボキサミン、もしくは三環系抗うつ薬である塩酸クロミプラミンなどが用いら...

≫続きを読む

薬が効かない場合

強迫性障害はおよそ40人に1人の割合で発症すると言われています。強迫性障害の症状としては、抑えようとしても抑えられない“強迫観念”と、その不安を打ち消すために無意味な行為を何回も繰り返し行う“強迫行為”があります。強迫性障害の原因として脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって起こるの...

≫続きを読む

薬なしで克服

強迫性障害は通常10代から20代前半に発症することが多い病気で、この病気のかかりやすさに男女の差はそれほどないと言われています。強迫性障害の症状としては、抑えようとしても抑えられない“強迫観念”と、その不安を打ち消すために無意味な行為を何回も繰り返し行う“強迫行為”があります。強迫性障害の原因につい...

≫続きを読む