強迫性障害 薬 副作用

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の薬の副作用

強迫性障害の治療には薬物療法が必要になってきます。

 

 

 

強迫性障害の薬物療法としてセロトニン系に作用する抗うつ薬は強迫観念を抑えることが知られており、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) である塩酸パロキセチン、マレイン酸フルボキサミン、もしくは三環系抗うつ薬である塩酸クロミプラミンなどが用いられることが多いようです。

 

 

 

三環系抗うつ薬であるクロミプラミンは、脳に直接働きかけセロトニンの量を増やす作用が強いという特徴があります。

 

 

 

強迫性障害に非常に効果がある薬だとして知られており、『アナフラニール』という商品名で処方されています。

 

 

 

服用を開始して効果が現れるまでに2〜3週間かかると言われており、効果より先に副作用を感じることが多く、比較的多い副作用として、幻覚、せん妄、口渇、便秘などがあげられます。

 

 

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は抗うつ薬の一種で、うつの症状の改善を目的とし、処方されることも多いですが、強迫性障害にも効果を発揮することから強迫性障害の方にも処方されます。

 

 

 

商品名は『ルボックス』『デプロメール』『パキシル』『ジェイゾロフト』として、処方されています。

 

 

 

SSRIの比較的多い副作用として、吐き気、下痢、食欲不振などがあげられます。

 

 

 

特に服用を開始した直後は吐き気の副作用を感じることが多いですが、服用を続けていくことで次第に副作用は軽減されていくと言われていますが、薬が合わない場合は副作用がひどく現れる場合もありますので注意が必要です。

 

 

 

抗不安剤が処方されることもありますが、穏やかに脳に働きかけ、興奮を鎮め不安や緊張を和らげる作用があります。

 

 

 

抗不安剤の副作用として眠気、ふらつき、めまいなどが引き起こされることが多いと言われています。

 

 

 

強迫性障害は薬物療法に加え、行動療法や認知行動療法も必要になってきます。

 

 

 

強迫性障害を引き起こしてしまう根本的な原因が改善されなければ強迫性障害は繰り返し起こります。

 

 

 

強迫性障害の薬にはどうしても副作用がつきもので、薬との相性が悪く薬での治療が困難な方もおられるかと思いますが、

 

 

 

強迫性障害を薬を使わずに治療する方法もありますので、薬の服用が困難で治療を諦めていた方は参考になさって下さい。

 

 

 

薬に頼らずに治療をしたいという人にもお勧めです。

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

副作用について関連ページ

薬の効果
強迫性障害の薬の効果について説明しています。
薬の種類
強迫性障害の薬の種類について紹介しています。
薬が効かない場合
強迫性障害の薬は効かない方もいるみたいです。その場合の克服方法について。
薬なしで克服
強迫性障害の薬をなしで克服・治療する方法。