強迫性障害 薬 効かない

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の薬が効かない

強迫性障害はおよそ40人に1人の割合で発症すると言われています。

 

 

 

強迫性障害の症状としては、抑えようとしても抑えられない“強迫観念”と、その不安を打ち消すために無意味な行為を何回も繰り返し行う“強迫行為”があります。

 

 

 

強迫性障害の原因として脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって起こるのではないかと考えられています。

 

 

 

セロトニンなどの機能異常が生じ、情報の伝達が十分に行われなくなると考えられており、セロトニンの働きを増加させる薬を使って治療を進めていく必要があるのです。

 

 

 

強迫性障害の薬物療法ではセロトニンの異常を調整する薬が使用されます。

 

 

 

強迫性障害には選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と三環型抗うつ薬が非常に効果を発揮すると言われています。

 

 

 

強迫性障害の治療の第一選択薬はSSRIで、主にSSRIが用いられます。

 

 

 

SSRIは効き目が現れるまでに時間がかかりますので、服用を開始したからといってすぐに症状が改善されるというものではありません!

 

 

 

効果を実感するようになるまでは副作用が現れることも多く、特に飲み始めは吐き気などの副作用を強く感じることがありますが、副作用は服用を続けていくことで次第に軽減していくと言われています。

 

 

 

副作用が気にならなくなる頃に次第に効果を感じられるようになると言われていますが、
長い場合には数ヶ月間同じ薬を飲み続けないと効果が実感できない場合もあります。

 

 

 

ですが、薬の服用を続けても薬が効かないということもあります。

 

 

 

どうしても薬との相性があり、この薬は効かないけれど、違う薬は効くということもあります。

 

 

 

同じ薬を12週間継続して服用しても症状が改善しない場合は、また違う薬を試すことになります。

 

 

 

薬物療法は強迫性障害の基本的な治療になりますが、薬だけで治療を行うことにはどうしても限界があります。

 

 

 

薬を投薬することで一般的に症状の軽減に繋がりますが、原因やきっかけを把握したり、受け止め方を変えていくことも大切です。

 

 

 

薬物療法により一時的に症状が落ち着いてきたら、行動療法か認知行動療法を加え治療を進めていく必要があります。

 

 

 

自分の事を客観的に見つめなおすことも重要なのです。

 

 

 

ですが行動療法や認知行動療法は自己判断で始めるのではなく、主治医の指示に従いながら進めていかなければなりません。

 

 

 

行動療法や認知行動療法以外にも強迫性障害を本質から改善するという方法もありますので治療の参考になさって下さい。

 

 

 

強迫性障害は、焦らずにゆっくりと向き合っていけば時間はかかっても必ず症状は改善していくと言われています。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

薬が効かない場合関連ページ

薬の効果
強迫性障害の薬の効果について説明しています。
薬の種類
強迫性障害の薬の種類について紹介しています。
副作用について
強迫性障害の薬の副作用について紹介しています。
薬なしで克服
強迫性障害の薬をなしで克服・治療する方法。