強迫性障害 薬 効果

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の薬の効果

ドアの鍵を閉めたか気になり確認しに戻るという行為は誰しも経験したことがあるかと思いますが、

 

 

 

強迫性障害の場合はその確認行為がどんどんエスカレートしてしまうことで日常生活に支障をきたすようになります。

 

 

 

強迫性障害は自分の意思に反して、不合理な考えやイメージが頭に繰り返し浮かび、それを振り払う為に同じ行動を何回も繰り返してしまう病気です。

 

 

 

抑えようとしても抑えられない“強迫観念”と、不安を打ち消すために無意味な行為を何回も繰り返す“強迫行為”の症状が現れます。

 

 

 

“強迫観念”は本人の意志を超えて頭に繰り返し浮かぶので自分でコントロールすることはできないのですが、“強迫観念”を軽減させる薬でコントロールすることはできます。

 

 

 

強迫性障害の原因として脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって引き起こされると考えられており、

 

 

 

強迫性障害の薬物療法ではセロトニンの異常を調整する働きを持つ薬が使用されます。

 

 

 

強迫性障害の治療には三環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、抗不安剤などが使用されます。

 

 

 

基本的にSSRIが用いられますが、SSRIは脳内神経伝達物質のうちセロトニン系のものだけに作用し正常に近い状態に整える働きがあります。

 

 

 

SSRIを継続使用しても効果がみられない場合は、三環系抗うつ薬の塩酸クロミプラミンをあわせて処方されるようです。

 

 

 

そしてSSRIには即効性はないのでしばらく服用を続けることで次第に効果を感じられるようになっていきます。

 

 

 

SSRIの服用開始後は、吐き気の副作用が現れることが多いと言われていますが服用を続けることで副作用は軽減していくと言われています。

 

 

 

強迫性障害の薬物療法では1〜2年程度継続して飲み続ける必要があると言われています。

 

 

 

薬の服用により症状が改善したからといって早期に中断すると症状が再び現れたり、悪化することもありますので主治医の指示に従って下さい。

 

 

 

強迫性障害は投薬により強迫観念を軽減させることはできますが、薬だけで治療を行うことには限界があるようです。

 

 

 

薬物療法により不安が軽減されていったら、行動療法か認知行動療法を加え治療を進めていく必要があります。

 

 

 

強迫性障害を薬を使わずに治療する治療法もあります。⇒強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

 

 

強迫性障害のメカニズムや発症の原因、そして本質から改善したいという人に特にお勧めの治療法です。

 

 

 

強迫性障害の治療にはいくつか方法があり、症状も異なるようにどの治療法が絶対に効果があるとは言い切れませんが、自分に合った治療法で焦らずに強迫性障害と向き合っていって下さい。

薬の効果関連ページ

薬の種類
強迫性障害の薬の種類について紹介しています。
副作用について
強迫性障害の薬の副作用について紹介しています。
薬が効かない場合
強迫性障害の薬は効かない方もいるみたいです。その場合の克服方法について。
薬なしで克服
強迫性障害の薬をなしで克服・治療する方法。