強迫性障害 薬 種類

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の薬の種類

強迫性障害の原因には様々な説がありますが、主な原因として脳の機能障害が影響していると考えられており、

 

 

 

薬で脳内のセロトニン系の異常をコントロールすることで症状を抑えることができると考えられています。

 

 

 

強迫性障害の治療薬はどのようなものを使用するのでしょうか?

 

 

 

強迫性障害の治療としてまず薬物療法で強迫観念を軽減させる必要があります。

 

 

 

まず三環系抗うつ薬についてですが、

 

 

 

薬の特徴としては脳に直接働きかけ、セロトニンの量を増やす作用が強く、強迫性障害やパニック障害などに非常に効果的で幅広く使用されている薬です。

 

 

 

ちなみに“アナフラニール”という商品名で処方されます。

 

 

 

そして強迫性障害でよく使用される選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)についてですが、

 

 

 

SSRIはうつ症状の改善を目的とした薬ですが、強迫性障害の患者さんに非常に効果的でよく使用される薬です。

 

 

 

“ルボックス”“デプロメール”“パキシル”“ジェイゾロフト”という商品名で処方されます。

 

 

 

患者さんの症状に応じて抗不安薬が使用されることもあります。

 

 

 

抗不安薬は比較的穏やかに脳に働きかけ、興奮を鎮め、不安を取り除く働きがあり、憂鬱な気分にも効果的です。

 

 

 

SSRIなどに比べると抗不安薬は強迫観念そのものを減らす働きはありません!

 

 

 

しかし強い不安感を取り除いたり、憂鬱な気分を取り除くといった作用があります。

 

 

 

基本的には薬物療法で不安を軽減させることは可能だと言われていますが、

 

 

 

薬には相性があり、合う、合わないなどの個人差もあり、中には薬がほとんど効かないという方もおられるようです。

 

 

 

薬が効き、強迫観念が軽減されてきたら、行動療法や認知行動療法を加え治療を進めていきます。

 

 

 

強迫性障害は薬物療法のみでは治りにくい病気だと言われています。

 

 

 

強迫性障害は本質的に改善する必要があり、本質的に改善されると強迫観念が気にならなくなったり、強迫観念を意識しないようになり、強迫性障害を克服することができます。

 

 

 

強迫性障害の薬での治療に限界を感じているのなら、一度このような治療法も参考になさるといいかと思います。

 

 

 

薬を使わない治療法なので副作用の心配もいりません!

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る

薬の種類関連ページ

薬の効果
強迫性障害の薬の効果について説明しています。
副作用について
強迫性障害の薬の副作用について紹介しています。
薬が効かない場合
強迫性障害の薬は効かない方もいるみたいです。その場合の克服方法について。
薬なしで克服
強迫性障害の薬をなしで克服・治療する方法。