強迫性障害 薬なし

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害を薬なしで克服・治療する方法

強迫性障害は通常10代から20代前半に発症することが多い病気で、この病気のかかりやすさに男女の差はそれほどないと言われています。

 

 

 

強迫性障害の症状としては、抑えようとしても抑えられない“強迫観念”と、その不安を打ち消すために無意味な行為を何回も繰り返し行う“強迫行為”があります。

 

 

強迫性障害の原因についてですが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって引き起こされるのではないかと考えられており、

 

 

 

その為治療にはセロトニンの量をコントロールする薬を使って治療を進めていく必要があると考えられており、薬物療法は強迫性障害の治療の基本となっています。

 

 

 

軽度の強迫性障害の場合は薬なしでの治療でも克服できることもあるようですが、重度の強迫性障害の場合はやはり薬物療法を取り入れて治療を進めていく必要があります。

 

 

 

そして薬物療法は強迫性障害の症状を軽減させるだけではなく、服薬を続けることで強迫性障害の再発を防止します。

 

 

 

症状が良くなったからといって服薬を途中でやめると症状が再発してしまうというケースも非常に多いようです。

 

 

 

更に薬物療法と認知行動療法を併用した場合は強迫性障害が再発しにくいと言われています。

 

 

 

強迫性障害の治療において原因やきっかけを把握したり、受け止め方を変えていくこと、自分の事を客観的に見つめなおすことも大切なのです。

 

 

 

もちろん強迫性障害の症状によっても治療法は異なりますので、どの治療法が効果的だとは言い切れませんが、

 

 

 

しかし中にはカウンセリングや心理療法で長期間治療を続けていたら、症状がほぼなくなったというケースもあり、薬を使わずに治療された方もおられるようです。

 

 

 

強迫性障害は薬物療法以外にも治療法がありますので、薬の服用が困難な方や薬に抵抗がある方は薬物療法以外の治療法を試されてみるといいかと思います。

 

 

 

薬に頼らずに根本的に強迫性障害の治療を進めていきたいという方にお勧めの治療法もありますので、よろしければ治療の参考になさって下さい。

 

 

>>【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド

薬なしで克服関連ページ

薬の効果
強迫性障害の薬の効果について説明しています。
薬の種類
強迫性障害の薬の種類について紹介しています。
副作用について
強迫性障害の薬の副作用について紹介しています。
薬が効かない場合
強迫性障害の薬は効かない方もいるみたいです。その場合の克服方法について。