強迫性障害 SSRI

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の薬、ssriの効果

強迫性障害は、強迫観念からその考えや不安を打ち消すために無意味な行為を何回も繰り返すといった強迫行為を特徴とする病気です。

 

 

 

例えば、「玄関の鍵を閉めたか?」といった考えが頭から離れず(強迫観念)、何度も何度も鍵が閉まっているのか確認する(強迫行為)といった病気です。

 

 

 

この強迫性障害を発症する原因の一つとしては、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌異常だと考えられており、セロトニンの不足を補うために薬物療法が有効だとされています。

 

 

 

強迫性障害の治療薬の一つに「抗うつ剤」があり、抗うつ剤はセロトニンを増やす作用に優れており、特に「SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)」が有効だとされています。

 

 

 

 

そのため、強迫性障害の第一選択薬はSSRIで、基本的にSSRIを使った治療を進めていきます。

 

 

 

 

SSRIは、強迫性障害をはじめ、うつ病やパニック障害、拒食や過食などの摂食障害などの疾患にも有効だとされています。

 

 

 

 

SSRIはセロトニンに選択的に働きかけ、効率的にセロトニンの濃度を増やす効果が期待できます。

 

 

 

 

現在、日本で使用することができるSSRIは以下のとおりです。

 

・フルボキサミン(商品名:ルボックス、デプロメール)

 

・パロキセチン(商品名:パキシル)

 

・セルトラリン(商品名:ジェイゾロフト)

 

・エスシタロプラム(商品名:レクサプロ)

 

 

 

どのSSRIもセロトニンを増やす作用がありますが、細かい特徴などは若干異なっています。

 

 

 

 

強迫性障害の第一選択薬としてSSRIが使用されますが、比較的副作用も少なく安全だという利点もありますが、SSRIの副作用によって服薬が困難になったり効果が得られない場合は、三環系抗うつ剤を使用されます。

 

副作用は下記で説明します。

強迫性障害の薬、ssriの副作用について

強迫性障害の薬物療法では、基本的にSSRIを用いた治療を進めていきますが、
SSRIにはセロトニンに選択的に働きかけ、効率的にセロトニンの濃度を増やすといった効果が期待できます。

 

 

 

そして、抗うつ薬の中でもSSRIは比較的副作用が現れにくい薬だとされており、重い副作用はないと言われています。

 

 

 

しかし、薬の副作用の現れ方は非常に個人差によるものが大きく、全く副作用が現れない人もいれば、副作用が強く現れてしまい服薬が困難になるケースもあります。

 

 

 

 

今回は強迫性障害の治療で使用されるSSRIの副作用についてまとめていきたいと思います。

 

 

 

まず、SSRIの主な副作用として、吐き気、食欲不振、便秘、下痢といった消化器に現れやすいと言われています。

 

 

 

 

特に、飲み始めの頃は吐き気などを感じる方も多いようですが、この副作用は服薬を続けていくことで徐々に軽減していくことが多いとされています。

 

 

 

 

その他の副作用としては、強烈な眠気、集中力が落ちてしまったり、微熱、喉の渇きがあげられます。

 

 

 

 

強い眠気を感じることで仕事中に支障をきたしてしまうこともあるようですから、副作用と思われる気になる症状がある場合は早めに主治医に相談され、支持に従って下さい。

 

 

 

 

SSRIは風邪薬や痛み止めのように、服用したからといってすぐに効果を感じられるものではありません。

 

 

 

 

SSRIをはじめとする抗うつ薬には、効果が出るまでに2週間〜2ヶ月程度の期間が必要だと言われています。

 

 

 

 

 

なかなか効果が出ないからといって勝手に服用をやめてしまったり、服用量を自己判断で増やすことは大変危険ですから注意して下さい。

 

 

 

 

さらに、SSRIの中には減薬、断薬が難しいことで知られている薬もあります。

 

 

 

 

主治医の指導のもと、減薬や断薬を行っても禁断症状に悩まされてしまうこともありますので、症状が良くなってきたからといって勝手に薬を飲まなくなってしまうと再発し、再発を繰り返すたびに治りにくくなりますので、正しく薬を飲み続けて下さい。

 

 

 

 

また、SSRIはアルコールといっしょに飲むと副作用が強く現れますので注意が必要です。

 

 

 

強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る