強迫性障害 治療

強迫性障害の薬を使わない、1番効率的な治し方

強迫性障害の治療方法

強迫性障害は適切な治療を行うと必ず症状の改善に繋がります。

 

 

 

強迫性障害は色々な治療法がありますが、一般的に薬物療法と認知行動療法が取り入れられます。

 

 

 

薬物療法のみで治療を行うことも可能ですが、同時に認知行動療法や必要であればカウンセリングを取り入れた場合は改善効果が上がると言われています。

 

 

 

強迫性障害の原因は解明されていないものの、脳内の神経伝達物質であるセロトニン等の機能異常によって引き起こされるという説があり、薬でセロトニンの量を調節することで症状の穏和に繋がると考えられています。

 

 

 

強迫性障害は脳内神経伝達物質であるセロトニンの作用が弱くなっているので、セロトニンの量をコントロールする必要があるということです。

 

 

 

薬物療法ではSSRIを取り入れ治療されることが多いです。

 

 

 

SSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害剤」でうつ病の治療によく用いられていますが、強迫性障害の治療薬としても効果的なのです。

 

 

 

SSRIは比較的副作用が少ないというメリットがありますが、効果がでるまでに2〜3週間程度かかるというデメリットがあります。

 

 

 

また強迫行為はやればやる程、不安が強くなり症状の悪化に繋がりますので、症状や状態に応じて認知行動療法が取り入れられます。

 

 

 

認知行動療法では主に「曝露反応妨害」という方法が取り入れられます。

 

 

 

この治療法は恐れたり避けたりしてきたことにあえて立ち向かうのです。

 

 

 

最初は辛く感じる治療法かもしれませんが、曝露を繰り返すことで確実に不安が弱くなっていくと言われています。

 

 

 

また治療と同じくらいストレスを溜め込まないということも大切です。

 

 

 

強迫性障害はストレスによって症状が悪化しますから、ストレスを溜め込まない努力も必要です。

 

 

 

一般的に「薬物療法」や「認知行動療法」が取り入れられますが、薬を使わずに強迫性障害を治療する方法もあります。

 

 

 

1日わずか20分程度なので無理なく続けられそうですし、万が一効果が実感できなかった場合は返金保証があります。

 

 

 

薬を使わない治療法なので副作用が引き起こされることはありませんし、よろしければ治療の参考になさって下さい。

 

 

 

その方法はこちらです→強迫性障害 克服|原因や確実な治し方のTOPページへ戻る